60代のトランスジェンダー

60歳を過ぎてからジェンダークリニックの門を叩いたMtFのお話

「結婚の自由をすべての人に」東京地裁(女性裁判長)判決

「結婚の自由をすべての人に」という名前の裁判があります。簡単に表現すると「同性婚裁判」、同性婚を認めさせるための裁判が全国5つの裁判所(北海道、東京、名古屋、大阪、福岡)で争われています。

結婚の自由をすべての人に」、LUSHが同性婚のための啓発 ...LUSHの記事より

2021年3月17日の札幌地裁、2022年6月20日の大阪地裁に続いて、昨日、東京地裁での判決が出ました。
結果は「合憲」でしたが、「違憲状態」と判断されました。

これで、これまでの結果は

◆札幌
×違憲
◆大阪
〇合憲(将来的に違憲になる可能性はある)
◆東京
△合憲(違憲状態)

となりました。

大阪、東京の地裁では「合憲」との判決でしたが、大阪では同性カップルについて「望みどおり婚姻できない重大な影響が生じている」とした上で、社会で公に認知されて安心して共同生活を営む利益が満たされていないと指摘し、「婚姻に類似する新たな法的承認の制度を創設することも可能だ」とし、「同性婚の制度導入について法的措置が取られないことが将来的に違憲になる可能性はある」と立法府に注文を付けました。

また東京では、同性愛者についてパートナーと家族となるための法制度が存在しないことは、憲法24条2項に違反する状態にあると判断しました。

いずれも、同性婚が認められていない現状について、何の問題もないとは認めませんでした。

私が注目したのは、札幌、大阪、東京の各地裁の裁判長がすべて女性だったという事です。
東京地裁は最初、田中寛明という男性の裁判長でしたが、「原告の個別事情は『夾雑物』つまり『余計なもの』だと述べ、本人尋問を認めない」などの判断をし、裁判長が原告に真摯に向き合わないとして署名運動も起きていました。
しかし、その後、裁判官の人事異動で女性の裁判官に代わり、昨日の判決に至ったという経緯があります。
ここで、これまでに出された判決を再度振り返ってみると、
◆札幌
×違憲
👩武部知子裁判長(女性)
◆大阪
〇合憲(将来的に違憲になる可能性はある)
👩土井文美裁判長(女性)
◆東京
△合憲(違憲状態)
👨田中寛明裁判長(男性)⇒👩池原桃子裁判長(女性)
となります。

もし、これら3地裁の裁判長がすべて男性だったら、判決はどうなっていたんでしょう????

考えたくもないですね。

例えば、実の娘に性的虐待行為を繰り返していた父親が無罪になったことを始め、性犯罪に対する無罪判決が続いて「そんなばかな」と話題になったことがありました。

また、夫婦別姓を求める裁判では、最高裁で合憲の判断が出されましたが、15人の裁判官の中にいた3人の女性裁判官は全員「違憲」の判断でした。

このように裁判官が男性か女性かによって判断が分かれるケースが多々あります。

2016年現在、裁判官の女性比率は21.3%だそうです(内閣府男女共同参画局の調査)。

だいたい男性裁判官4人に対して、女性裁判官は1人しかいない状態です。

これでは男性の感覚に基づく判決が多くなるのも当たり前ですね。

ちなみに、名古屋地裁では、桃崎剛裁判長(男性)から吉田彩裁判長(女性)に代わっています。

福岡地裁は上田洋幸裁判長(だぶん男性)です。

名古屋、福岡の判決を見守りましょう♪

無料情報誌「ぶるぅむ」の表紙に・・・

私のパソコン教室のある小牧市には無料の情報誌「ぶるぅむ」があります。

このたび、2022年12月号の表紙に載せていただきました。

ぶるぅむ2022年12月号表紙

今号は多様性がテーマの特集で、左側二人の女性が私のパソコン教室に来られて、合同取材という事で3人揃って取材を受けました。だから、3人の写真の背景には、みんなうちの教室の机が写っています(;^_^A なんか変ですね、こういう特集に出てくる人の写真はみんな違う背景なのがふつうなのに・・・(笑)

特集記事でも、ページの半分を使って紹介していただきました。

ぶるぅむ2022年12月号特集記事

地元にこういう情報誌があることはとてもありがたいです(^▽^)/

読者からどういう反応があるのか、楽しみです♪

あ、この「ぶるぅむ」は小牧市豊山町にしか配布されませんが、それ以外の地域の方は、発行から1か月ぐらいはネットでも読めます。

 ↓

haruru.co.jp

春日井市に寄贈

一昨日(10月25日)に、色覚障がいを扱った絵本「エリックの赤・緑」、視覚障がいを扱った絵本「みえるとかみえないとか」、「みえるとかみえないとか」を発刊するきっかけとなった書籍「目の見えない人は世界をどう見ているのか」の3種類、合計97冊を春日井市に寄付してきました。市内の小学校や図書館に置いてもらいます。

去年は「りつとにじのたね」を寄贈しました。2年連続の寄贈となりました。

「エリックの赤・緑」は私の知人の色覚障がいの方が、講演会の時に会場で販売されていた絵本。「みえるとかみえないとか」は私のパソコン教室に通っている視覚障がい者の方のお勧めの絵本です。

視覚障がいというのは良く知られていますが、色覚障がいはあまり知られていなくて、そのため、色覚障がいに対する誤解が多く、色覚障がいだという事で就職できなかったりすることも多いそうです。

ふだん、視覚障がいや色覚障がいの当事者に直接会う機会が少ない小学生の子どもたちにもこういうことも知ってもらえたらなと思います。

今朝の中日新聞近郊版に寄贈した時の様子を載せてもらいました。

また、春日井市ホームページの「10月の市長フォト」のページにも載せてもらいました。

きょうは春日井まつり

今日は春日井まつりへ行ってきましたぁ〜〜
春日井に住んで5年目、初めて春日井まつりへ行ってみたけど、思ったより人出が多くてびっくり(^O^)

実は「春日井虹色さぼてん」のチラシを配るのも目的だったのですが、おまつりも楽しかったです。

春日井まつりの会場はチラシ配りが禁止なので、少し離れたバス停に近い交差点付近でチラシを道行く人に渡しました。

道端でのチラシ配りなんて、ふつう、ほとんどの人がスルーしていくのがふつうなんですが、春日井の人はけっこう受け取っていただきました。

中には「LGBT頑張ってるねえ、住吉のLGBTバーへよく行くよ」と話しかけてくれたり(住吉というのは名古屋の繁華街の名前です)、LGBTQに興味を持って話し込んでいく人とかがいて、腰が痛いのに杖をついて頑張った甲斐がありました(^^)

f:id:sayuri6:20221015214853j:image
f:id:sayuri6:20221015214850j:image
f:id:sayuri6:20221015214856j:image
f:id:sayuri6:20221015214846j:image
f:id:sayuri6:20221015214859j:image
f:id:sayuri6:20221015214843j:image

春日井まつりのあとは、デニーズへ行って春日井虹色さぼてんのメンバーとパフェを食べながらのんびりしていました。

ここでスマホのカレンダーを見て、ビックリ(@_@;)

今日の夜は、北海道の当事者団体の人たちとZOOMでオンラインミーティングがあるのですが、夜9時からと思い込んでいたのが、カレンダーを見て19時からということに気が付いてパニック!

デニーズの店員さんにタクシーを呼んでもらうようお願いしたら、タクシーは1時間待ちだとか(◎_◎;)

慌ててバス停まで行ってもバスは来ない( ノД`)シクシク…

仕方がないので、車を停めてある春日井駅まで歩いて、コインパーキングから車を出して、慌てて教室に戻ったらギリギリ間に合いました(;^_^A

オンラインミーティング、楽しかったです。見知らぬ北海道の人たちと、リアルタイムでお話ができるなんて、いい時代になったものですね(⌒∇⌒)

声帯手術から約1年の乙女塾

去年、京田辺の京都耳鼻咽喉音聲手術医院で声帯の手術を受けてから丸1年が経ちました。

手術のあと、術後の診察を定期的に受けていましたが、3月16日に受診したのを最後に、脊柱管狭窄症のために京田辺まで行くことができず、術後の診察はずっとお休みしています。しかし、その間も、乙女塾は月2回のペースで続けていました。

手術をしたのが去年の10月5日でしたから、今日が手術して1年経過しての初めての乙女塾になります。

手術をする前は、声帯の手術をすればすぐに女性らしい声になると思っていた時もありましたが、病院の先生から手術の時、1年ぐらいはボイトレをしなくてはいけない、と聞かされていました。

確かにその通りで、最初の頃は今までの男の声と、裏声のような高い声とが安定せず、声を出してみるまでどちらの声が出るのか、本人にも分からないような状態でした。

また、話している途中で声が変わったりしていました。

半年ぐらいたってから、裏声のような高い声である程度安定して声を出すことができるようになりましたが、初めて私とお話させてもらった人からは「声かすれていますね」とか「その声、どうしたんですか?」と言われる始末・・・(-_-;)

「裏声のような高い声」というのが果たして裏声だったのかどうか・・・

そのころの乙女塾では、レッスンの途中で西原さつきさんから「そうそう、その声」と言われて、その声を反復練習するのですが、レッスンを終わってしまうと「はて、どうやって出すんだっけ?」という感じで、よく理解できていない状態でした。

それが、手術後1年近くたってくると、高い声(300Hz台前半)で安定して出せるようになってきました。

裏声はというと、これよりももっと高い別の声(500Hzぐらい)を出すことができますから、300Hz台前半の声は裏声ではなく、ネットなどでよく目にする、いわゆるミックスボイスという声なのでしょうか? 私はよく分かっていません(^^;)

また、低い男性の声も出せないことはないのですが、かなり無理しないと男性の声にはなりません。

ということで、今は300Hz台前半の声が一番無理なく出せます。

西原さつきさんには「無理なく声が出るようになりましたね」と言われました。

ふだんの生活でも、今はこの声で話しています。

さて、これで、念願の女性の声になったのでしょうか???

ZOOMの録画機能を使ったり、スマホの録音機能を使ったりして、あとで自分の声を聴いてみると、何か納得できない。

確かに、声帯を手術する前に比べると高い声になっています。しかし、これが女性の声なのでしょうか??

西原さつきさんには「女性らしく聞こえるコツは話し方」と言われていて、言葉の語尾の上げ方など、細かく指導を受けています。

生まれつき女性の方がみんな高い声かというと、中には女性でも比較的低い声の方もいます。でも、その人が話しているのを聞けば、やはり女性が話していると認識できるのです。

ですから、本当に女性らしく聞こえるためには、もっともっと「話し方」を身に付ける必要がありそうです。

声が高くなっただけでは終わらない、まだまだ西原さつきさんから指導してもらう日は続きそうです・・・(^^)

龍の月からDMが・・・(@_@;)

私、Twitterは普段あまり使っていなくて、他人が投稿したのを見たり、私が主催するイベントの告知をするぐらいで、いつもはFacebookを主に使っています。

昨日の夜、メールのチェックをしていたら、ふだんほとんど使っていないメールアカウントに「変身願望を叶える☆女装&コスプレメイク体験(中略)ダイレクトメッセージが届きました。」というメールが届いていました。

「変身願望」「女装」「コスプレ」などの言葉から、どうせまた迷惑メールだろうと思ったのですが、念のため確認しようと思い、Twitterを立ち上げることに・・・

Twitterには時々来るんですよ、知らない人からダイレクトメッセージが。

今までは、すべて何かの勧誘で、内容も読まずに削除していました。

しかし、今回は送信者をよく確認すると「龍の月」という文字が!

龍の月と言えば、私が自分の性別に向き合い始めた、今から9年前に一度だけ行ったことがある女装専門のメイクのお店です。送り主は、龍の月の代表の方でした。

DMを読むと、私がテレビに出た時に偶然スタッフが見てて、私を思い出したのだそうです。そして、このブログも読んでいるそうです。

それにしても、9年前に一度利用させてもらっただけで、テレビを見て気が付くって凄いですね! そもそも、龍の月を利用させてもらった時はまだ「小嶋小百合」と名乗っていなかったのだし・・・

で、用件は何だったかというと「インタビューさせてください」でした。

女装のお店の代表の方からのオファーという、今までにないパターンだったので少し戸惑ったのですが、私が性別変更して生きるきっかけともなったお店なのでインタビューを受けることにしました。

私も9年前、自分の性別違和感に悩み、どうしたらいいんだろうと生き方に不安を持った時、まず化粧をしてみようと思って勇気を出して行ってみたのが龍の月だったのでした。

恐らく、年齢に関係なく、同じように悩みを抱えて、一歩前へ踏み切れないでいる人たちもたくさんいるでしょうから、私のインタビュー動画がそういう人たちにとって少しでもヒントになればと思います。

春日井市で行われたLGBTQ講演会

昨日は春日井市の青少年女性センター「レディヤンかすがい」で行われた「かすがい女性連盟」主催のLGBTQについての講演会に行ってきました。

f:id:sayuri6:20220914090857j:image
講師は春日井虹色さぼてんメンバーの小寺朱音さんが務めました。

f:id:sayuri6:20220914090854j:image

f:id:sayuri6:20220914090852j:image

会場は補助の椅子が持ち込まれるほど満員でした。
春日井市長の 石黒 なおき さんも公務でお忙しい中、駆けつけてくださいまして、冒頭挨拶をされました。
小寺さんはレズビアンを公表していて、春日井市が今年5月にスタートしたパートナーシップ・フレンドリーシップ宣誓制度の初日にパートナーといっしょに申請た人です。
前にも報告しましたがその時の様子は中日新聞にも取り上げられました。

f:id:sayuri6:20220914090900j:image
新聞の写真に写っている、花を渡している頭だけが写っている人は私です(笑)